RO駄目駄目日記

MOESIMOによるROの日記です。 ほかのこともたまに書くかもです。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出してみる

  1. 2006.
  2. 06.
  3. 30
  4. (Fri)
  5. 15:12
モエシモは何か思い出しているようだ。
何だかんだでROやってる期間がもう2年なんですよ。もっとかな?
そこで色々思い出したことが。


(長いです、注意)
「思い出してみる」の続き▽
当時一緒に居たヒトに「こんなゲームがある」といわれて。なりゆきではじめたRO。
タブン相手はヒーラーがほしかっただけなんだろうけど、ネットカフェにいってやってみることに。しかし作ったのはシーフ予定のノビ。

パソコンなんてわかんない。アカウントって何。漫画喫茶ってパソコンあるんだ。ローマ字打ちなんかやったことない。
そんなレベルでした。

たどたどしく「ラグナロクのワンデイチケットください」と、チケットを買って、ネカフェのパソコンにあらかじめ入っている「ラグナロクオンライン」のアイコンをクリックする。(たしかパソコンの電源が見つけられなかった)
キャラクター選択画面に移ると、まずあたしが何をしたかというと、チケットの裏に書いてあるシリアルナンバーをIDとパスワードの欄に入れていました。
もちろんガンホーのプラットホームの存在は知りません。

ローマ字で文字うったことないあたしは、小文字と大文字の入り混じるIDを上手く入れられず、何度も何度もパスワードが違います。と表示されるウィンドウとチケツトを見比べて、入れなおし、見比べては入れなおす。そのの繰り返し。
それを続けて小一時間。

ROにもうログインしている友達からメールがきて、助けを求めることに。
ゲームができないよ!

それからしばらくして、その人がアカウントとってくれました。チケットIDも送って、やっと送られてきたパスワード。

ログインがやっと出来ました。

メールで指示されながらキャラクターを作る。
それで、どこに落とされたかというと、イズルード。
メールで「どこにいる?」ときかれても、自分が今何ていうところにいるのかさえも分からないですよ。

「真ん中に小屋がある所、果物とか売ってる~」そんな内容を返したんだと思います。

今思えば、相手もそんなこといわれても、どこだなんて断定するのは難しかったと思います。
それから暫くして、友達が迎えに来て、イズルードの外までつれていかれました。

その時の話の内容は覚えていません。けーーーど!
あたし、しゃべれなかったんだよね!
文字がうてないどうこうじゃなくて、ROの中での発言のしかたがわかんなかったんだよね!!!wwww
色々試してみたけど、どーにもこーにもしゃべれない。相手ばっかりがあたしに質問してくるのに返事ができない!
画面下に有る四角は何のためにあったのか。何か飾りだとおもってました。
友達「しゃべれない?」
アタシ(うごいている)
友達「半角全角押して」
アタシ(どうやってしゃべればいいの!?)
友達「できた?」
アタシ(動いている)
友達「もしかしてしゃべり方がわからない?」
アタシ(そう!そうそう!)
友達「そうなら、ボクの周り回って」
アタシ(友達の回りをくるくるまわる。)

そんなやり取りをして、下に有る会話ウィンドウの使い方を覚え、プロンテラに参りました。
さっき居たイズルードとはうって変わって、人ヒトひと!(今思えば放置露天)
何度も何度も友達見失って、やっとたどりついたのがバベルの溜まり場でした。

入ってそうそう、溜まり場に居た人たちにビビル。

友達「こんにちわー」
Gメン「こんにちわー」
あたし(はじめまして、と打とうとしている)

そこからのことはあまり覚えていません。とりあえずタイピングが滅茶苦茶遅かったので、喋ることをあきらめてました。知らない人だらけだったしね!

そんなこんなで友達のコネでバベルに入れてもらったのです。




そして、何回かログインしていると(もうこの頃シーフ)、Gのみんな(F君、KBさん、KPりん、友達)がレベルあげ手伝ってくれるそうで、よくわからないままポタに乗り、よく判らないまま付いていき、たどり着いたのはオモチャ。
いわれるがままに渡されたアイテムを装備し、かけられるがままに支援を貰い、叩いていいのか叩いちゃいけないのか、その区別もつかないまま敵を叩いて、死んで、ごめんなさい連発して。
みんなの名前覚えるのに必死で、タイピングに必死で。そりゃーもう皆さん大変だったと思います。

狩りの後に残ったのは、罪悪感と感謝の気持ち。
たしか何かして迷惑かけたんだ。それで、すっごく気にして、それから友達としか狩り行くの怖くなって。

マスターさんは「始めた頃はみんなそうだからいいんよ。それにこれから、萌さんが、萌さんみたいなそうゆう人に会った時優しく出来るでしょ?」といってたけど、その時はそれどころじゃなかったんだよ><。

話は変わるけど、このマスターさん。当初怖いイメージしかなかったのです。
なぜかというと、あたしがログインしてマスターさんがいる時。
このマスターさん。絶対怒ってたんです。
Gチャなり溜まり場なりで怒ってて、こわくてこわくて、、、、w(今思えばたまたま、運が悪かっただけみたいですが)
「Pさん(友達)以外とも狩りにいってほしい」といわれて、怒られてる気分になって、タイピングが遅すぎて返事打ってる間に「反応を一応返してほしいのですが」といわれた時は、死にたい!とおもいました。


Gに入ってるキャラをシーフからアコに換える時にも、なにか質問されたんですけど、怖すぎて覚えてません。

その事を本人にカミングアウトしたところ、ちょっとショックだったらしく、はっちゃけ度をパワーアップさせたようです。
今は恐ろしい思いをすることもなく、ログインしては奇声をあげ、KBさんに絡む、おそろし、、、もとい、やさしいマスターです。

その後シーフはギルド脱退理由に「アコライトになりたいので、ぬけさせていただきます」という謎の言葉を残し、バベルには現在のMOESIMO(プリ)が居座るのでした。


長いのでここまででやめておきます
スポンサーサイト

COMMENT

ほほう

もえさんはQさんが怖かったのか・・・(笑)
僕は逆に楽しい人だなーって印象でしたよ。

プーさんがマスターでヒドラさんやゲイルさんも
一緒にいたなぁ('¬'*)
時計に特攻したり赤芋に全滅したのはいい思い出です。
「昔」も楽しかったけど「今」もとても楽しいですよ。
いろいろな人と出会えましたしねっ!

そうですねーwQさん怖かったですw他にも印象変わった人、沢山?いるんですよw

あたしはその時代のこと知らないですけど、楽しかったということはよく聞いてますよ~^^

うーん

 怖かったんですね…。そうなのですね…。
それは昔にしても今にしても、メリハリを利かせて
いるだけ何ですけども…。まぁ、今は違うか。
もう別に自分に関して皆遠慮なんかしてないですしね。

 色々ね、考えないといけないんですよ。
好かれるための行動って簡単なんだけど、ずっと
そうしてたら、もう皆好き勝手にやっちゃうでしょ。
でも、ちゃんとしろよ!って怒ったら、しゅーんとなって
昔の萌さんみたいに、Qは怖い奴だって思ってしまわれる
可能性もあるわけで…。

 誰の為に怒っているか、とか考えたら、本質的には
実は怖い人と思わないと思うんだけどな…。
まぁ最近、その誰の為ってのも、自分の押し付け
なんだねって事にも気づいたんですが(´・ω・`)

 であであ…。

あーでも

 タイピングが苦手な方の気持ちってのを気づかせて
くれたのは萌さんなんですよ。
オイラがウチに新人さんを集めてくるのは、メンバーさんタチが
その気持ちを行動してあげないと、皆続かないよ?っていう
事をわかってほしいってのもあるんですな。
そういう意味で、オイラもマダマダ。

 人は気前がよくないと成長しないらしいです。
気前がいいってお金の事じゃなくて、その人の為に
時間を割いて、その人の為に色々考えてあげて、
その人の為に行動してやる。
そういう点でオイラを含んでウチの人間ってマダマダだよね。
ただ、壁をしてあげるだけじゃダメだし。

 であであ…。

あぐあぁぁ、そうですねぇ、、。
今はQさんがそうゆう風に行動してるのはわかるから、怒られてもちっとも怖くないですけど、初めは、その人がどんな人かも判らないわけなんですよ。
メリハリも大事ですけど、初めはやっぱり仲良くならなきゃ、と思うのはあたしが甘いからでしょうか。

確かに壁してあげるだけじゃダメですね。
でもこのゲームの中で時間を裂くことっていうのは、どうゆうことなのか、と考えると、その人のためになる事が出来るっていうのはすごく難しい事なんじゃないかとおもいます。
相手が気づかなきゃ意味がないですしね。

小娘が大口を叩いてすみませんでしたっ!!
あたしがQRさんの事怖かった怖かったっていうのは、怖かったイメージから今仲良くなれて、しかもそのイメージ払拭できたのがうれしくて、言いまくってるのであまり気にしないでくださいねw

小娘が生意気な口きいてすみませんでしたっ!

あーまぁ

 最初から怖いってのが、俺と付き合うことの敷居を高くしてる
って事に気づいてから、やわらかくするようにしたのねw
そしたら某KPR氏が

「アンタはフヌけた・・・」

といってくれることもありました。
まぁ別の理由もあったんだけどねw

 一つだけ…。

>>相手が気づかなきゃ意味がないですしね。

俺自身はその人の為の行動に対して、相手が気づく必要は
無いと思ってる。その人の為に動くことにね、相手がそれに
気づいてくれないと意味が無いってのは、「奉仕」ではなく
「見返り」を求めた結果に出てくる心だから。
これまで新人さんいっぱい入れてきて、一番最初は短い期間でも
ほとんどの人は俺が一度は世話をしてます。
その中で、無邪気にその奉仕に気づいてない人。
奉仕に気づかないながら、とりあえずやってもらってるって
事に気づいて、ありがとうすいませんを連発する人。
俺はどういう行動をとられても、ほほえましく思います。

 そのうちにね、こういうことがあったっていう行動を思い出して
色々守られてたんだなぁ、って思えたら、それは大人になる
階段の一歩だと思いますよ。ゲームに限らずね。
俺の好きな話に
「俺は、今まで皆の好意に何も気づかないで生きてきたよ。」
っていう台詞があります。
気づけばそれでチャラ。気づかなければ全て自分に帰って
きます。それが人生?えらっそーですねw

 であであ…。

初投稿!!

ん~僕も最初の頃はこんなんだったな~(照)いまもこんなんだったけどw僕はリィナイラさんに連れてきてもらったな~(≧≦)あの頃リィナイラさんの乗ってたペコペコの後ろ姿がめっちゃかっこよかった~
もえちゃんにもこんな頃があんだ~と思いながらこれからこのブログを見て行きたいな~とおもってます(≧≦)b

willさん書き込みありがとう~w
はじめはみんなそうだっていうけども、あたしは人より覚えが悪かったし、要領もわるかったよ。
willさんみたいにレベルはやく上がらなかったしw

ぜひぜひまた遊びにきてね^^

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu

プロフィール

moesimo

Author:moesimo
ラグナロクオンライン トールサーバーにいる駄プリ。
そして 駄ローグ。
RO始めたきっかけは、なんか知り合いに「ヒール役」がほしいとか言われて、っていう理由だったきがします。
色んな人と遊んでいるウチにどっぷり?はまってしまいました。
更新速度は亀。コメントすると激しく喜びます。
内容はおもにどうでもいいことですw

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。